格助詞

▼ 格助詞の働き

● 格助詞かくじょしは、主に体言について文節をつくり、その文節の他の文節に対する関係(資格)を示す働きをする。(格助詞の「格」は、言葉どうしの関係という意味である。)

次の例文の  には、格助詞が入る。どこにどのような格助詞を入れるかによって、文の意味がまったく違ったものになる。

(例)鳥  えさ  食べる

① 鳥  えさ  食べる

② 鳥  えさ  食べる

③ 鳥  えさ  食べる

④ 鳥  えさ  食べる

⑤ 鳥  えさ  食べる

● 格助詞がつくる文節の働き(格助詞の示す資格)には、次のようなものがある。

(1) 主語を表す(主格)

」「」がつく文節は、主語になることができる。

(例)アジサイの 花  咲く。

→「花が」は「咲く」にかかる主語文節

(例)横浜には、港  見える丘がある。

→「港の」は「見える」にかかる主語文節

」は、部分の主語(複文の中の主語)を表す。「が」に置きかえることができる。

(例)これが 彼  描いた絵です。

→ これが 彼  描いた絵です。

(2) 連体修飾語を表す(連体格)

」がつく文節は、連体修飾語になることができる。

(例)国語  宿題をするのを忘れていた。

(3) 連用修飾語を表す(連用格)

」「」「」「」「から」「より」「」がつく文節は、連用修飾語になる。

(例)やかん  あたためて、お湯  沸かす。

(4) 並立語を表す(並立格)

」「」「」「」がつく文節は、並立語になる。

(例)英語  中国語が私の得意科目だ。 (並立の関係で主語を表している。)

(例)生きる  死ぬ  と大騒ぎをする。

(5) 準体言じゅんたいげん助詞

」がつく文節は、体言と同じ資格を表すことができる。このような働きをする助詞を準体言助詞(準体じゅんたい助詞)という。この場合の「の」は、「もの」「こと」「のもの」に言い換えることができる。

(例)靴を 新しい  に買いかえたい。

→「新しい もの 」に言い換えられる。

(例)会社で 働く  が楽しい。

→「働く こと 」に言い換えられる。

(例)このお金は 僕  だ。

→「僕 のもの 」に言い換えられる。

▼ 格助詞の種類

● 一つひとつの格助詞の主な働きは、次のとおり。

【が】

① 主語を表す

猫  鳴く。

② 対象を表す(対象語

お金  ほしい。

【の】

① 連体修飾語を表す

学校  友達と話す。

② 部分の主語を表す(「が」に置きかえられる)

数  多いほうを選ぶ。

③ 並立語を表す

行く  行かない  とはっきりしない。

④ 体言の資格を表す(準体言助詞)(「もの」「こと」に置きかえられる)

お茶の 濃い  が飲みたい。

【を】

○ 連用修飾語を表す

おかし  食べる。 (対象

横断歩道  渡る。 (場所

自宅  出る。 (起点

上  向く。 (方向

【に】

① 連用修飾語を表す

8時  始まる。 (時間

公園  集まる。 壁  貼る。 (場所―どこに)

東京  着く。 (帰着点―どこに)

遊び  行く。 (目的―なにをしに)

友達  借りる。 相手―だれに)

蚊  刺される。 部下  やらせる (~に~される・させる)

横一列  並ぶ。 (状態―どのように)

信号が 赤  なる。 (結果―になる)

病気  苦しむ。 (原因・理由―によって)

敵  まさる。 (比較ひかく基準―にくらべて)

② 並立語を表す

鉛筆  消しゴム  ノートを買う。

【へ】

○ 連用修飾語を表す

南  向かう。 (方向

ロッカー  上着を入れる。 (帰着点

【で】

○ 連用修飾語を表す

図書館  勉強する。 (場所

自転車  行く。 米  酒をつくる。 (手段・材料

地震  建物がゆれる。 けが  仕事を休む。 (原因・理由

今日  今年も終わる。 (時限

【と】

① 連用修飾語を表す

友達  沖縄へ旅行する。 (共同の相手

被告人は 無罪  なった。 (結果

友達  出会った。 (対象

「はい。」  返事した。 (引用―文や文相当の語句を受ける)

② 並立語を表す

四字熟語  慣用句 ( を勉強する。

【から】

○ 連用修飾語を表す

学校 から 帰る。 (起点

窓 から 進入する。 (経過

酒は 米 から つくられる。 (手段・材料

風邪 から 肺炎はいえんを引き起こす。 (原因・理由

【より】

○ 連用修飾語を表す

猫 より 犬が好きです。 (比較の基準

あきらめる より しかたがない。 (限定―打ち消しの語をともなう)

【や】

○ 並立語を表す

ゾウ  ライオンを見に行きたい。

サイト内検索

スポンサードリンク