ホーム > 単語と品詞 > ことばの単位

ことばの単位

ことばの大きさをあらわす単位には、大きい順に文章・段落・文・文節・単語の五つの種類があります。そのなかでも文法を学ぶうえで重要なのは、文・文節・単語という単位です。

国語の文法を学ぶに際して、文を文節に分けることが最も基本的な作業になります。ここで文節分けのしかたをしっかりと覚えましょう。

▼ ことばの単位とは

一口ひとくちに「ことば」と言っても、大小さまざまなものがあります。たとえば、「ネコ」という語一つでも「ことば」であり、また、一編いっぺんの小説も「ことば」であることに変わりはありません。

つまり、単に「ことば」と表現するだけでは、それがどのくらいの大きさであるのかまではわかりません。そこで、ことばの大きさを表すために用いるのが「ことばの単位」です。

ことばの単位には、大きい順に、文章段落文節単語の五つがあります。それぞれの単位について順に見ていきましょう。

(1) 文章ぶんしょう

文章とは、一つのまとまった内容をあらわしたことばの集まり全体を言います。たとえば、一点の作文は、その作文全体が一つの文章になります。

文章は、ことばの単位のなかで最も大きいものです。

(2) 段落だんらく

文章が長くなると、その内容のうえから、いくつかのまとまった部分に区切られることが多くなります。文章を内容ごとに区切った各部分を段落と呼びます

文章中の段落の区切りは、改行することによってあらわします。そのとき、段落の最初を1字空けるのがふつうです(字下げ)。

(3) ぶん

文章はふつう、その途中の適当な箇所に句点くてん「。」が打たれています。その句点によって区切られたひとつづきのことばをぶんと呼びます

次の図のように、一つの文章は、ふつういくつかの文に区切ることができます。逆に言うと、文がいくつか集まることによって文章になります。

文章と文
【図】文章と文

日常的に「文章」と「文」を同じような意味で使うことが多いですが、国語の文法を学ぶときにはこの両者をはっきりと区別しなければいけません。もっとも、一つの文からなる文章というものもあります。

文は、文法の基本となる単位です。なぜなら、「文法」というのは、いくつかの語がつらなって「文」をつくるときの法則のことだからです。

文には長短さまざまなものがあり、とくに日本語の文には主語や述語がないことがよくあります。

ちなみに、「おはよう。」「火事。」「起きろ。」といったように、たった1語であっても文として成立することもあります(一語文)。

(4) 文節ぶんせつ

文は、さらに小さな部分に分けることができます。

まず、文は文節に分けることができます。文節とは、「文を実際の言語として不自然にならない程度にできるだけ短くなるように区切ったときの一区切り」を言います。この定義だとわかりにくいですね。

文節という単位は、音声の面からも区切ることができるという特徴があります。つまり、文を声に出して読むとき、文の途中途中に、自然に音を切ることができる切れ目がいくつかあります。その切れ目がちょうど文節どうしの切れ目になるわけです。

ページ後半で、文節の切れ目の探し方について説明します。

(5) 単語たんご

文節をさらに小さく分けたものが、単語です。

単語は、特定の意味と働きをもつ最も小さなことばのまとまりです。単語をそれ以上に分けると、ことばのまとまりはその意味や働きを失ってしまいます。単語は、最も小さなことばの単位です。

たとえば、「夏の海」ということばは、「夏」+「の」+「海」というように、三つの単語に分けることができます。

しかし、「絵の具」ということばを「絵」や「具」に分けてしまうと、もとの「絵の具」の意味・機能を失ってしまいます。「絵の具」ということばは、このまとまりで物の名前をあらわす一つの単語であり、つねにこのまとまりで文法上の機能を有しています。

「絵の具」「竹の子」「の花」は、それぞれが一つの物の名前ですから、単語としてはそれ以上に分けることができません。同じように、「思い出す」「受け取る」などのようなことばも一つの単語として考えます。

このように、二つ以上の単語が合わさって一つになった語を複合語ふくごうごと呼びます。

文節は二つ以上の単語に分けられることが多いですが、一つの単語からなる文節もあります。

文節を単語に分ける作業は、文を文節に分ける作業にくらべて難しい作業です。正確に単語に分けられるようになるためには、品詞の見分け(識別)ができるようにならなければなりません。

★ まとめ ★

【ことばの単位】

ことばの単位には、大きい順に文章・段落・文・文節・単語の五つがある。

 文章 …一つのまとまった内容をあらわしたことばの集まり

 段落 …文章を内容ごとに区切った各部分

  …句点(。)によって区切られたひとつづきのことば

 文節 …文を実際の言語としてできるだけ短く区切った部分

 単語 …特定の意味と働きをもつ最小のことばのまとまり

▼ 文節分け

上で述べたように、文は、さらに細かく文節に分けることができます。この文節分けは、これから国語の文法を学ぶうえで避けて通ることのできない基本的な作業です。文節分けができなければ、文法の理解はおぼつかないものになってしまいます。

文を文節に分けるには、文節の切れ目を探すことになります。文節の切れ目は、音が切れる、休止する箇所かしょです。

音の切れ目を探すための簡単な方法は、文中の適当な箇所に「」や「」を入れて発音してみることです。「」でもかまいません。「ネ」や「サ」を入れてみて不自然にならない箇所を発見したら、そこが音の切れ目、すなわち文節の切れ目です

下の図のように、「わがはいはネ」「猫でネ」「あるネ」と実際に発音してみて、「ネ」を入れることができるかどうか確認してみるとよいでしょう。

その際、「ネ」を入れられる箇所を見落とさないように注意しましょう。文を文節に区切るときは、できるかぎり短く区切らなければいけません。

文節の区切り方
【図】文節の区切り方

★ まとめ ★

【文節分けの方法】

文を文節に区切るには、「」や「」を入れても不自然にならない箇所で区切る。(「ヨ」を入れてもよい。)

▼ 練習問題で理解度チェック

【問題1】

次の各文を文節に分けて、その文節数を数字で答えなさい。

(1) 山路やまみちを登りながら、こう考えた。

(2) すぐに出発しなければならない。

(3) 朝に散歩することにしている。

【正解】

(1) 4  (2) 3  (3) 5

【解説】

一つの文をいくつかの文節に分ける問題です。文節分けは、本文で述べたように、「ネ」や「サ」を挿入できる箇所で区切る方法によって行います。

ただし、文節分けが正確にできるようになるには、自立語と付属語について勉強しておくことも大切です。自立語と付属語の知識を得た後で、また本問を確認するとよいでしょう。

(1) 山路を|登りながら、|こう|考えた。→文節は四つ

「山路を(ネ)登りながら(ネ)、こう(ネ)考えた(サ)。」

(2) すぐに|出発しなければ|ならない。→文節は三つ

この文中の「なけれ(ない)」は付属語(助動詞)ですから、文節の最初にくることはありません。つまり、その直前で文節を区切ることはできません。

それに対して、たとえば「おいしくない」の「ない」は自立語(形容詞)ですから、その直前で区切ることができます。

(3) 朝に|散歩する|ことに|して|いる。→文節は五つ

この文中の「いる」は、自立語です(補助用言と言います)。したがって、それ単独で一つの文節をつくることができます。「聞いてみる」「着ていく」の「みる」「いく」も、同じように1文節と考えてください。

【問題2】

次の各文を単語に分けて、その単語数を数字で答えなさい。

(1) 山椒魚さんしょううおは悲しんだ。

(2) 菜の花が咲く季節になりました。

(3) 大人らしく落ち着いて話してください。

【正解】

(1) 4  (2) 8  (3) 6

【解説】

一つの文をいくかの単語に分ける問題です。

単語分けがちゃんとできるようになるためには、品詞について一通り学んだうえで、品詞の識別ができるようになることが必要です。

(1) 山椒魚|は|悲しん|だ。→単語は四つ

「は」や「だ」は、ひらがな一文字ですが、単語です。付属語と呼ばれます。

(2) 菜の花|が|咲く|季節|に|なり|まし|た。→単語は八つ

「菜の花」で一つの単語であることに注意してください。「菜」「の」「花」と分けてしまうと、もとの意味(植物の名前)がなくなってしまいます。

(3) 大人らしく|落ち着い|て|話し|て|ください。→単語は六つ

「大人らしい」「落ち着く」は、ともに一つの単語であることに注意してください。

これに対して、たとえば「近くらしい」というときは、「近く」(名詞)と「らしい」(助動詞)の2語に分けることができます。

▼ コメント

 このページの内容に関して、ご質問やご指摘などを書き込むことができます。また、掲示板のほうにも、本サイトへの皆様のご意見・ご要望をぜひお寄せください。

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    仲座優衣 (火曜日, 17 5月 2016 23:23)

    とても、分かりやすかったです!

  • #2

    ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ (日曜日, 29 5月 2016 23:28)

    すごく分かりやすかったです。ありがとうございました。

  • #3

    立ち入り禁止 (水曜日, 06 7月 2016 15:56)

    ありがとうございます。
    明日テストなんで助かりました

  • #4

    りゅうき (月曜日, 19 9月 2016 19:06)

    分かりやすかった。ってか仲座もコメントしてるしwww

  • #5

    (日曜日, 27 11月 2016 16:49)

    わかりやすかったー
    ありがとうございます

サイト内検索

サイト内検索

スポンサードリンク