ホーム > 単語と品詞 > ことばの単位

ことばの単位

ことばの大きさをあらわす単位には、大きい順に文章・段落・文・文節・単語の五つの種類があります。そのなかでも文法を学ぶうえで重要なのが、文・文節・単語という単位です。国語の文法を学ぶに際して、文を文節に分けることが最も基本的な作業になりますので、ここで文節分けのしかたをしっかりと覚えましょう。

▼ ことばの単位とは

一口ひとくちに「ことば」と言っても、大小さまざまなものがあります。たとえば、「ネコ」という語一つでも「ことば」であり、また、一編いっぺんの小説も「ことば」であることに変わりはありません。

つまり、単に「ことば」と表現するだけでは、それがどのくらいの大きさであるのかまではわかりません。そこで、ことばの大きさを表すために用いるのが「ことばの単位」です。

ことばの単位には、大きい順に、文章段落文節単語の五つがあります。それぞれの単位について順に見ていきましょう。

(1) 文章ぶんしょう

文章とは、一つのまとまった内容をあらわしたことばの集まり全体を言います。たとえば、一点の作文は、その作文全体で一つの文章になります。

文章は、ことばの単位のなかで最も大きいものです。

(2) 段落だんらく

文章が長くなると、その内容のうえから、いくつかのまとまった部分に区切られることが多くなります。文章の内容ごとに区切られた部分を段落と言います

一般には改行することによって、段落の区切りをあらわします。そのとき、段落の最初を1字空けるのがふつうです(字下げ)。

(3) ぶん

文章はふつう、その途中の適当な箇所に句点くてん「。」が打たれています。その句点によって区切られたひとつづきのことばをぶんと言います。次の図のように、一つの文章は、ふつういくつかの文に区切ることができます。

文章を句点で区切る→文
【図】文章と文

逆に言うと、文がいくつか集まると文章になります。日常的に「文章」と「文」を同じような意味で使うことが多いですが、国文法を学ぶときにはこの両者をはっきりと区別しなければいけません。もっとも、一つの文からなる文章というものもあります。

文は、文法の基本となる単位です。なぜなら、「文法」というのは、いくつかの語がつながって「文」をつくるときの法則のことだからです。

文には長短さまざまなものがあり、とくに日本語の文には主語や述語がないことがよくあります。ちなみに、たとえば、「火事。」「起きろ。」といってように、たった1語であっても文として成立することがあります(一語文)。

(4) 文節ぶんせつ

文は、さらに小さな部分に分けることができます。

文を発音上不自然にならない程度にできるだけ短く切ったまとまり文節ぶんせつと言う。

文を声に出して読むとき、文の途中途中に、自然に息を切ることができる切れ目がいくつかあります。

文節を、「意味がわかる範囲でできるだけ細かく区切った最小のまとまり」と定義することもある。

(5) 単語たんご

ここまで更新

★ まとめ ★

【見出し】

○ (要点整理)

▼ 文節分けと単語分け

文を文節に区切るには、下の図のように、「ネ」や「サ」を入れて発音してみても不自然にならない箇所を探すとよい(「ヨ」でもよい)。そこが、文節の切れ目となる。その際、「ネ」を入れられるところを見落とさないように注意しよう。文節に区切るときは、できるかぎり短く区切らなければいけないのだ。

文節の区切り方
【図】文節の区切り方

● 文節をさらに細かく区切って、ことばの意味を失わない程度にまで分けたもの単語たんごである。一つの文節のなかに単語が二つ以上ある場合もあれば、一つだけの場合もある。単語は、最小のことばの単位である。

たとえば、「夏の海」ということばは、「夏」+「の」+「海」というように、三つの単語に分けることができる。しかし、「竹の子」「絵の具」「の花」は、それぞれが一つの物の名前であるから、単語としてはそれ以上に分けることができない。また、「思い出す」「受け取る」などのようなことばも一つの単語として考える。このような二つ以上の単語が合わさって一つになった語を複合語ふくごうごと言う。

★ まとめ ★

▼ 練習問題で理解度チェック

【問題1】

次の各文を文節に分けて、その文節数を数字で答えなさい。

(1) 山路やまみちを登りながら、こう考えた。

(2) すぐに出発しなければならない。

(3) 朝に散歩することにしている。

【解答】 (1) 4  (2) 3  (3) 5

【解説】

一つの文をいくつかの文節に分ける問題。文節分けができるようになるには、自立語と付属語について勉強しなければならない。

(1) 山路を|登りながら、|こう|考えた。→文節は四つ

 文節の切れ目を見つけるには、「ネ」や「サ」を挿入しても不自然にならない場所を探す。「山路を(ネ)登りながら(ネ)、こう(ネ)考えた(サ)。」

(2) すぐに|出発しなければ|ならない。→文節は三つ

 この文中の「ない(なけれ)」は付属語(助動詞)であるから、文節の最初にくることはない。つまり、その直前で文節を区切ることはできない。これに対して、たとえば「おいしくない」の「ない」は自立語(形容詞)であるから、その直前で区切ることができる。

(3) 朝に|散歩する|ことに|して|いる。→文節は五つ

 この場合の「いる」は、自立語である(補助用言という)。したがって、それ自体で一つの文節をつくることができる。「聞いてみる」「着ていく」の「みる」「いく」も、同じように1文節と考えること。

【問題2】

次の各文を単語に分けて、その単語数を数字で答えなさい。

(1) 山椒魚さんしょううおは悲しんだ。

(2) 菜の花が咲く季節になりました。

(3) 大人らしく落ち着いて話してください。

【解答】 (1) 4  (2) 8  (3) 6

【解説】

一つの文をいくかの単語に分ける問題。単語分けができるようになるためには、品詞について一通り学んだうえで、品詞の識別ができるようになることが必要である。

(1) 山椒魚|は|悲しん|だ。→単語は四つ

(2) 菜の花|が|咲く|季節|に|なり|まし|た。→単語は八つ

 「菜の花」で一つの単語であることに注意。「菜」「の」「花」と分けない。

(3) 大人らしく|落ち着い|て|話し|て|ください。→単語は六つ

 「大人らしい」「落ち着く」は、ともに一つの単語であることに注意。これに対して、たとえば「近くらしい」は、「近く」(名詞)と「らしい」(助動詞)の二語に分けることができる。

▼ コメント

 このページの内容に関して、ご質問やご指摘などを書き込むことができます。また、掲示板のほうにも、本サイトへの皆様のご意見・ご要望をぜひお寄せください。

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    仲座優衣 (火曜日, 17 5月 2016 23:23)

    とても、分かりやすかったです!

  • #2

    ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ (日曜日, 29 5月 2016 23:28)

    すごく分かりやすかったです。ありがとうございました。

  • #3

    立ち入り禁止 (水曜日, 06 7月 2016 15:56)

    ありがとうございます。
    明日テストなんで助かりました

  • #4

    りゅうき (月曜日, 19 9月 2016 19:06)

    分かりやすかった。ってか仲座もコメントしてるしwww

  • #5

    (日曜日, 27 11月 2016 16:49)

    わかりやすかったー
    ありがとうございます

サイト内検索

サイト内検索

スポンサードリンク