ホーム > 単語と品詞 > 品詞の分類

品詞の分類

単語を文法上の性質によってさまざまに分類したものが品詞です。品詞は、全部で10種類あります。それらを品詞分類表の形でぜひ覚えましょう。

▼ 品詞の分類

単語は、基本的に自立語と付属語とに区別することができ、それぞれを活用のある語と活用のない語とに区別することができます。

そこからさらにまた、文法上の性質によって、いくつかのグループに分けることができます。単語を文法上の性質によって分類したものが品詞ひんしです

品詞には、動詞どうし形容詞けいようし形容動詞けいようどうし名詞めいし副詞ふくし連体詞れんたいし接続詞せつぞくし感動詞かんどうし助動詞じょどうし助詞じょし10種類があります

品詞の分類を次のようにして表にまとめたものが品詞分類表ぶんるいひょうです

 クリックで拡大します。

品詞分類表
【表】品詞分類表

本サイトでは代名詞を名詞の一種として扱い、独立の品詞とはしていませんが、代名詞だいめいしを名詞とは区別して独立の品詞として扱い、品詞を全部で11種類とする考え方もあります。

品詞分類表について若干のことがらを説明します。

自立語に分類される品詞のうち、動詞形容詞形容動詞の三つには活用があります。これら三つの品詞をあわせて用言ようげんと呼びます。用言の文節は、単独で述語になることができます。

自立語に分類される品詞のうち、名詞副詞連体詞接続詞感動詞には活用がありません

名詞(および代名詞)は、体言たいげんとも言います。体言の文節は主語になることができますが、副詞・連体詞・接続詞・感動詞の文節は主語になることはできません。

付属語のうち、助動詞には活用がありますが、助詞には活用がありません。活用があるのは、用言だけではないことに注意してください。

★ まとめ ★

【品詞の分類】

 品詞とは、単語を文法上の性質によって分類したものである。

 品詞には、動詞形容詞形容動詞名詞副詞連体詞接続詞感動詞助動詞助詞10種類がある。

 品詞分類表は、品詞の分類を表にまとめたものである。

▼ 品詞の転成

次の各例文を見てください。

 恋に 悩み、苦しむ。

 恋の 悩みで 苦しむ。

①の例文の「悩み」という単語の品詞は、動詞です。これに対して、②の例文の「悩み」の品詞は、同じ形ですが、動詞ではありません。

②の「悩み」という単語は、「悩み」という動詞(の連用形)がそのままの形で名詞に転じたものです。

このように、ある品詞の単語がほかの品詞に転じることを品詞の転成てんせいと呼びます

品詞の転成で多いのは、「光(ひかり)」や「近く」などのように、動詞や形容詞の連用形が名詞になる場合です。また、接続詞の多くは、他の品詞から転成したものです。

「光(ひかり)」という名詞は、動詞「光(ひか)る」の連用形「光り」から転成したものであり、また、「近く」という名詞は、形容詞「近い」の連用形から転成したものです。

そのほかにも、「あまり」「つゆ」「ゆめ」、「および」「また」「けれども」、「あれ」「よし」「おはよう」などのように他の品詞から副詞や接続詞、感動詞に転成した語もあります。

なお、このように語の形がそのままで品詞が転じる場合だけでなく、「春」→「春めく・春っぽい」、「苦しい」→「苦しさ・苦しみ」のように、もとの語に接尾辞がついて品詞が転じる場合も品詞の転成として扱うことがあります。

★ まとめ ★

【品詞の転成】

 ある品詞の単語がほかの品詞になることを品詞の転成と呼ぶ。

▼ 練習問題で理解度チェック

【問題1】

次の文中の下線を引いた語の品詞を答えなさい。

めずらしく朝早くに目が覚め、起き上がって窓の外を眺めた。東の空にはまだらな雲が一面に広がり、朝焼けのあわオレンジ色に染まっていた。」

【正解】

「めずらしく」―形容詞

「覚め」―動詞

「眺め」―動詞

「まだらな」―形容動詞

「広がり」―動詞

「淡い」―形容詞

「染まっ」―動詞

【解説】

設問文中の下線部の単語は、すべて活用する自立語です。

活用する自立語の品詞を見分けるには、まず言い切るときの形(辞書の見出しの形)にしてから、その語の最後の字母に注目します。ウ段のおんで終わる語なら動詞、「い」で終わる語なら形容詞、「だ」で終わる語なら形容動詞です。

「めずらしく」→「めずらしい」 形容詞 

「覚め」→「覚める」 動詞

「眺め」→「眺める」 動詞

「まだらな」→「まだらだ」 形容動詞

「広がり」→「広がる」 動詞

「淡い」→「淡い」 形容詞

「染まっ」→「染まる」 動詞

【問題2】

次の各組の単語のなかから、あきらかに他と品詞が異なる語を選んで、番号で答えなさい。

(1) ①あらゆる ②いわゆる ③あきれる ④大きな

(2) ①ゆえに ②それに ③ならびに ④ついに

(3) ①そうだ ②そんなだ ③ようだ ④らしい

【正解】

(1) ③  (2) ④  (3) ②

【解説】

品詞を識別する問題です。一つひとつの単語についてその品詞を知っていないと、本問は解けません。

品詞のなかでも、連体詞、接続詞、助動詞は、他の品詞と比べて種類がかぎられているので、少なくとも見覚えがあるという程度には知っておきましょう。

(1) 「あきれる」は、あきれない、あきれた…、というように活用する語であって、言い切りの形が「る」(ウ段の音)で終わりますから、動詞です。

それ以外の「あらゆる」「いわゆる」「大きな」は連体詞であり、動詞とちがって活用しません。

(2) 「ゆえに」「それに」「ならびに」は接続詞ですが、「ついに」は副詞です。

副詞のなかには、接続詞との区別がつきにくいものもあるので注意が必要です。「たとえば」「さらに」など。

(3) 「そうだ」「ようだ」「らしい」は助動詞であり、「そんなだ」は形容動詞です。

助動詞も形容動詞も、ともに活用がある語です。しかし、助動詞は付属語ですから、それだけで文節をつくることができません。「そんなだ」は、単独で文節をつくることができます。

▼ コメント

 このページの内容に関して、ご質問やご指摘などを書き込むことができます。また、掲示板のほうにも、本サイトへの皆様のご意見・ご要望をぜひお寄せください。

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    ねのみ (土曜日, 21 1月 2017 10:45)

    てぬみとちやのりひのみりのふみりほをゆゆゆり

  • #2

    みぃ (日曜日, 29 1月 2017 07:52)

    未然・連用・終止・連体形 の識別の方法を教えてください

  • #3

    山本ひかる (月曜日, 30 1月 2017 20:38)

    ホイホイ

  • #4

    XXシーザー琥珀XX (月曜日, 13 2月 2017 20:00)

    最後に「い」がつくのは、形容詞ですか?

  • #5

    小森歩実 (火曜日, 04 4月 2017 20:01)

    とても分かりやすかったです!
    文法が苦手な私も頑張ろうと思えました�

  • #6

    (火曜日, 11 4月 2017 23:18)

    ありがうどね

  • #7

    LUMINE (木曜日, 20 4月 2017 18:34)

    全然分かんない

  • #8

    秀太 (月曜日, 24 4月 2017 21:38)

    わかった

サイト内検索

サイト内検索

スポンサードリンク