形容動詞の見分け方

(助動詞と形容動詞の識別)

助動詞「だ」と形動型との活用の違い

①連用形の「に」がない

②連体形の「な」には、助詞「の」「のに」「ので」しか続かない

夢なのだ 事実なので認める 春なのに寒い

● 「だ」の識別

(1)形容動詞の活用語尾:「だ」を「な」に置き換えて体言を連ねることができる

海が穏やかだ → (とても)穏やかな海

  ※形容動詞の特徴:①前に「とても」を補い、②連体形「―な」に活用できる

(2)助動詞(断定):「な」に置き換えられない。主に体言に接続する

穏やかな海だ →×海な  来ないだろう

(3)助動詞「た」(過去・完了)の濁音化:音便動詞(連用形)に接続する

本を読んだ 泳いだ 死んだら 死んだろう

  ※死んだだろう(なら)→た+だ

(4)助動詞「そうだ」「ようだ」の一部

来るそうだ 雨のようだ

● 「で」の識別

(1)形容動詞の活用語尾 …「で」を「な」に置き換えて名詞を連ねることができる。

   「静かで心なごむ」→「(とても)静かな山」

(2)助動詞「だ」(断定) …「な」に置き換えられない。

   「わがはいは猫である」「彼はミュージシャンで小説家だ」

(3)助動詞「そうだ」「ようだ」の一部

   「来るそうである」「雨のようである」

(4)格助詞「で」 …体言に接続する。場所・時間・手段・材料・原因などの意味。

   「バスで旅行する」

(5)接続助詞「て」 …音便の動詞(連用形)につく。

   「飛んでいく」

● 「に」の識別

(1)形容動詞の一部 …「に」を「な」に置き換えて名詞を連ねることができる。

   「きれいに咲く」→「(とても)きれいな花」

(2)助動詞「そうだ」「ようだ」の一部

   「楽しそうに遊ぶ」「このように」

(3)副詞の一部 …活用しない。

   「ただちに行う」

(4)格助詞 …名詞に接続する。

   「車に乗る」

サイト内検索

スポンサードリンク