ホーム > 単語と品詞 > 文節の働き(1)主語・述語

文節の働き(1) ― 主語・述語

文節は、文の中でいろいろな働きをする。ここでは、主語・述語としての文節の働きを扱う。主語・述語の関係は、文の骨組みになる部分である。まずは、文中の主語と述語を見つけられるようになろう。

▼ 文節の働き

● 文は、文節というより小さな単位に分けることができる。そして、一つひとつの文節は、他の文節と関係しながら、文中でさまざまな働きをする。文節の働きの種類を次の表に掲げる。

文節の働き
主語・述語 鳥が 鳴く。
修飾語・被修飾語 ゆっくり 歩く。
並立語 安くて うまい。
補助語・被補助語 読んで いる。
接続語 安いのに、うまい。
独立語 さあ、やろう。

このページでは、文節の働きのうち、主語と述語について見ていく。それ以外の文節の働きについては、ページを改めて説明したい。

内部リンク

文節相互の関係 (並立語、補助語)

▼ 主語と述語

● 次の図のように、文は基本的に、「何が(誰が)」にあたる部分と、「どうする」や「どんなだ」「何だ」「ある(いる)」にあたる部分とから成り立っている。

文のしくみ
【図】文のしくみ

(1) 主語しゅご

「何が(だれが)」にあたる文節主語と言う。主語は、文の主題や動作の主体を表す。主語となる文節は「~が」の形だけでなく、「~は」「~も」など、さまざまな形をとる。なお、日本語の文では、主語が省略されることが多い。

(2) 述語じゅつご

「どうする」「どんなだ」「何だ」にあたる文節述語と言う。述語は、主語について説明する働きをする。「ある(ない)」「いる」にあたる文節も述語である。(文全体の)述語は、文の終わりにくるのがふつうである。

● 主語の文節(何が)は、述語の文節(どうする・どんなだ・何だ)にかかる。このような関係を主語・述語の関係と言う。主語・述語の関係は、文の骨組みとなるものである。

文の中から主語と述語を見つけるには、次のような手順で行うとよい。

まず①文を文節に分ける。そして、述語の文節は文末にくることが多いから、②文末に着目して述語を見つける。それから、③その述語に対応する主語の文節を探し出す。主語となる文節の候補がいくつかある場合には、文全体の意味を考えてみよう。

(例)これが私が飼っている猫だ。

→①文節に分ける。これが|私が|飼って|いる|猫だ。

→②文末を見て、「猫だ」を「何だ」にあたる述語としてとらえる。

→③述語「猫だ」とつながりそうな主語の文節として、「これが」と「私が」の二つが考えられる。ここで「私が」を主語としてとらえると、「私が猫だ」という意味の文になってしまっておかしい。よって、「これが」が主語であるとわかる。

★ まとめ ★

【見出し】

○ (要点整理)

▼ 練習問題で理解度チェック

 問題【主語・述語の見つけ方】

【問題1】

 

 次の各文中から主語と述語にあたる文節を抜き出して答えなさい。主語にあたる文節がない場合は、「なし」と答えなさい。

(1) 誰も僕の言うことを信じない。

(2) あの映画のファンが続編を待ち望んでいる。

(3) ああ、きれいだなあ、あの人は。

(4) 山道を登りながら、こう考えた。

*解答と解説*

【解答】

(1) (主語)誰も (述語)信じない

(2) (主語)ファンが (述語)待ち望んでいる

(3) (主語)人は (述語)きれいだなあ

(4) (主語)なし (述語)考えた

【解説】

文末に着目して述語を見つけてから、それに合う主語を探す。

(1) 誰も、|僕の|言う|ことを|信じない。

 主語の文節は、必ずしも「が」のつく形であるとは限らない。「は」「も」「さえ」などがつく形の文節でも主語になることができる。まず、文末の「信じない」が述語。次に、誰が「信じない」のかと考えて主語をとらえる。

(2) あの|映画の|ファンが|続編を|待ち望んで|いる。

 文末の「待ち望んでいる」は、二つの文節に分けることができる。しかし、「いる」だけだと意味がないので、このような場合には二つの文節をまとめて述語として考える。

(3) ああ、|きれいだなあ、|あの|人は。

 設問文は、倒置の文である。こういう場合には、まずふつうの文に並べ替えてから考えるとよい。「ああ、あの人はきれいだなあ。」

(4) 山道を|登りながら、|こう|考えた。

 設問文中、述語「考えた」に対応する主語は見当たらない。日本語の文では、このように主語が省略されていることがよくある。とくに会話文に多い。

▼ コメント

 このページの内容に関して、ご質問やご指摘などを書き込むことができます。また、掲示板のほうにも、本サイトへの皆様のご意見・ご要望をぜひお寄せください。

サイト内検索

サイト内検索

スポンサードリンク