ホーム > 単語と品詞 > 複合語・派生語

複合語・派生語

単語のなかには、いくつかの要素が合わさってできた語があります。単語どうしが合わさって別の単語になったものが複合語で、単語に単語でない語が結びついてできた語が派生語です。

▼ 複合語

次の単語の例を見てください。

 春風 食べ物 弱気

 巣立つ 歩き回る 近寄る

 青白い 粘り強い 暑苦しい

①、②、③の例の語群は、それぞれ名詞、動詞、形容詞です。

①の「春風」は、「春」と「風」という単語が合わさってできた語です。②の「巣立つ」は「巣」と「立つ」が合わさった語であり、③の「心細い」も「心」と「細い」が合わさった語です。

このように、二つ以上の単語が合わさってできた語を複合語ふくごうごと呼びます。複合語は、文法上はそれで一つの単語です。

複合語は、その品詞によって複合名詞複合動詞複合形容詞などに分類することができます。複合語の品詞は、後にくる語(形態素)の品詞によって定まります。

(1) 複合名詞

複合名詞は、二つ以上の単語が合わさっている名詞です。複合名詞の成り立ちは、次のようにさまざまです。

① 名詞+名詞

朝+日 → 朝日

三日+月 → 三日月みかづき

柱+時計 → 柱時計

同じ語を重ねた複合語をとくに畳語じょうごと呼びます。

人人  家家  木木

これらの語は、ふつう「人々」「家々」「木々」と書き表しますが、「々」は同の字点と呼ばれる記号の一種です。

② 動詞+名詞

借りる+物 → 借り物

消す+ゴム → 消しゴム

③ 形容詞+名詞

安い+値 → 安値

浅い+瀬 → 浅瀬あさせ

④ あとの品詞が転成して名詞になったもの

物(名詞)+語る(動詞)→ 物語

押す(動詞)+入れる(動詞)→ 押入れ

遠い(形容詞)+回る(動詞)→ 遠回とおまわ

手(名詞)+短い(形容詞)→ 手短てみじか

切れる(動詞)+長い(形容詞)→ 切れ長

遠い(形容詞)+浅い(形容詞)→ 遠浅とおあさ

(2) 複合動詞

複合動詞は、二つ以上の単語が合わさっている動詞です。

① 名詞+動詞

旅+立つ → 旅立つ

勉強+する → 勉強する

「する」という動詞と合わさった複合語は、サ行変格活用をする動詞になります。

② 動詞+動詞

見る+送る → 見送る

切る+開く → 切り開く

③ 形容詞+動詞

若い+返る → 若返る

遠い+退(の)く → 遠のく

(3) 複合形容詞

複合形容詞は、二つ以上の単語が合わさってできた形容詞です。

① 名詞+形容詞

毛+深い → 毛深い

目+新しい → 目新しい

② 動詞+形容詞

蒸す+暑い → 蒸し暑い

恐れる+多い → 恐れ多い

③ 形容詞+形容詞

細い+長い → 細長い

かたい+苦しい → 堅苦しい

同じ形容詞を重ねるものもあります。

軽軽しい  弱弱しい  若若しい

★ まとめ ★

【複合語】

 複合語とは、二つ以上の単語が合わさってできた単語を言う。

▼ 派生語

次の単語の例を見てください。

 茶 子ども 重 静か

 さし出す 春めく うれしがる

 弱い 子どもらしい 喜ばしい

 元気だ 文化だ 苦労さま

①、②、③、④は、それぞれ名詞、動詞、形容詞、形容動詞の語群です。

「お茶」や「さし出す」は、それぞれ「茶」「出す」という単語の前に「お」「さし」という語がついた語です。また、「子ども」や「春めく」は、それぞれ「子」「春」という単語の後ろに「ども」「めく」という語がついた語です。

このように、それ自体は独立して単語にならずに、つねにほかの単語(語基)と合わさって語を形成する語を接辞せつじと呼びます。

接辞のうち、「お」「さし」のように単語の前につくものを接頭語せっとうごと呼び、「ども」「めく」のように単語の後ろにつくものを接尾語せつびごと呼びます

そして、「お茶」「子ども」のように単語(語基)に接辞がついてできた語を派生語はせいごと呼びます。派生語は、それで文法上一つの単語になります。

派生語をつくる接辞(接頭語・接尾語)はさまざまです。どのような接辞があるのかを品詞別に見ていきましょう。

(1) 派生語の名詞

① 接頭語がついたもの

米  飯  仏  雪  心  

それぞれ、「御米」「御飯」「御仏」「深雪」「真心」「素顔」と漢字で書きあらわすこともよくあります。

② 接尾語がついたもの

下の例は、名詞に接尾語がついたものです。

ぼくたち(達)  われ(等)  男ども(共)

安倍さま(様)  麻生くん(君)  小泉さん  カンナちゃん

二人(目)  泥だらけ

「たち」「ども」は複数人をあらわす接尾語です。「こども(子供)」「ともだち(友達)」という語も、もともと複数人をあらわす語でしたが、今では一人を意味するときであってもこれらの語を用います。

複数人である意をはっきりさせたいときは、「こどもたち」「こどもら」「ともだちたち」「ともだちども」などと表現するとよいでしょう。

下の例は、形容詞・形容動詞の語幹に接尾語がついて名詞になったものです。

  ほし  深  苦し

静か  厳格

(2) 派生語の動詞

① 接頭語がついたもの

とり調べる  さし出す  うち明ける  ひき締める

かき分ける  迷う  なびく

前半の接頭語は、漢字であらわすと、「取り調べる(取調べる)」「差し出す(差出す)」「打ち明ける(打明ける)」「引き締める(引締める)」となります。

② 接尾語がついたもの

芝居がかる  上品ぶる  黄ばむ  春めく

はなやぐ  うれしがる  早める  高まる

名詞や形容詞であった単語に、「がかる」「がる」などの接尾語がついて動詞になっています。

(3) 派生語の形容詞

① 接頭語がついたもの

めでたい  うら悲しい  弱い  (小)高い

(素)速い  (図)太い  そら(空)恐ろしい  やすい

(手)堅い  なま(生)暖かい  (真)新しい  もの(物)すごい

② 接尾語がついたもの

下の例は、名詞に接尾語がついて形容詞になったものです。

馬鹿らしい  子供っぽい  丸っこい  涙ぐましい

自慢たらしい  未練がましい  情けない

下の例は、動詞に接尾語がついて形容詞になったものです。

忘れがたい(難い)  読みやすい  歩きにくい  

食べづらい  怒りっぽい  晴れがましい  飽きたりない

下の例は、形容詞の語幹に接尾語がついて形容詞になったものです。

たい  荒っぽい  せわしない

めかしい  かわいらしい  憎たらしい

(4) 派生語の形容動詞

元気だ  立派だ  気の毒さま(様)だ

苦労さま(様)だ  (小)ぎれいだ

「お気の毒さまだ」「ご苦労さまだ」は、接頭語と接尾語のどちらもついていることに注意しましょう。

★ まとめ ★

【派生語】

 つねにほかの語の前について単語をつくる語を接頭語と呼び、つねにほかの語の後について単語をつくる語を接尾語と呼ぶ。

 単語に接頭語または接尾語がついてできた語を派生語と呼ぶ。

▼ 練習問題で理解度チェック

【問題1】

次の各語の中から、それぞれの構成要素となっている元の単語の品詞の組み合わせが他とちがうものを下から選んで答えなさい。

古くさい  手近てぢか  高低たかひく  弱弱しい

【正解】

手近

【解説】

各々の複合語がどのような単語(形態素)の組み合わせで成り立っているかをかんがえましょう。

「古くさい」は、「古い」という形容詞の語幹と「くさい」という形容詞からなる複合形容詞です。

「手近」は、「手」という名詞と「近い」という形容詞の語幹からなる複合名詞です。

「高低」は、「高い」という形容詞の語幹と「低い」という形容詞の語幹からなる複合名詞です。

「弱弱しい」は、「弱い」という形容詞の語幹の重複に、「しい」という接尾語をつけ加えた単語です。このような語を畳語形容詞と呼びます。

「手近」以外の語は、すべて形容詞と形容詞の組み合わせからなる複合語です。

【問題2】

次の各語群の中には、文法上の性質がほかと異なる語が一つだけあります。その語を選んで番号で答えなさい。

(1) ①もっともらしい ②元気らしい ③長ったらしい

(2) ①あぶない ②おもしろくない ③しかたない

(3) ①血だらけ ②泥まみれ ③嘘ばかり

(4) ①お元気だ ②おだやかだ ③ご苦労さまだ

【正解】

(1) ②

(2) ②

(3) ③

(4) ②

【解説】

接尾語は、付属語(助動詞・助詞)とまぎらわしい語です。接尾語であるか付属語であるかによって単語の数がちがってくるので、それらの見分けは重要です。

とくに「らしい」「ない」のような語は、同じかたちなので注意しましょう。

(1) 「もっともらしい」の「らしい」、および「長ったらしい」の「たらしい」は、いずれも接尾語。「元気らしい」の「らしい」は助動詞です。

単語の前に「どうやら」を補えるのが助動詞の「らしい」、「いかにも」を補えるのが接尾語の「らしい」です。

(2) 「あぶない」「申し訳ない」の「ない」は形容詞の接尾語、「おもしろくない」の「ない」は単独の形容詞です。

後者の「ない」は、否定をあらわすときに用いられる語で、補助形容詞と呼ばれます。

(3) 「血だらけ」の「だらけ」、「泥まみれ」の「まみれ」は、いずれも接尾語です。「嘘ばかり」の「ばかり」は助詞です。

(4) 「お元気だ」「ご苦労さまだ」の「お」「ご」は、いずれも接頭語。それらを取り去ると、「元気」「苦労」という単語(単純語)になります。

「おだやかだ」の「お」は、これを取り去ると単語(単純語)になりませんから、接頭語ではありません。

▼ コメント

 このページの内容に関して、ご質問やご指摘などを書き込むことができます。また、掲示板のほうにも、本サイトへの皆様のご意見・ご要望をぜひお寄せください。

サイト内検索

サイト内検索

スポンサードリンク