文の成分

▼ 文の成分とは

文を直接に組み立てている要素文の成分せいぶんという。文の成分は、文を意味のまとまりによって区切った各部分であって、文節とおなじであるか、それよりも大きなことばのまとまりである。連文節のうち、もっとも大きなものと一致する。

図で説明

▼ 文の成分の種類

文の成分には、次のように五つの種類がある。

文の成分が1文節からなるときは「~」と呼び、二つ以上の文節(連文節)からなるときは「~」と呼ぶ。文節(連文節)の種類とまぎらわしいので、文節の種類であるのか、文の成分の種類であるのかを意識して区別する必要がある。

(1) 主語(主部)

文のうち、「なにが(だれが)」にあたる部分である。

(例)風が 吹く。 (主語)

(例)冷たい風が 吹く。 (主部)

(2) 述語(述部)

文のうち、「どうする」「どんなだ」「なんだ」にあたる部分である。

(例)虫が 鳴く 。 (述語)

(例)虫が 鳴いている 。 (述部)

(3) 修飾語(修飾部)

文のうち、「いつ」「どこで」「なにを」「どのように」などというように、述語(述部)をくわしく説明する部分である。

(例)彼は、速く 走れる。 (修飾語)

(例)彼は、とても速く 走れる。 (修飾部)

文の成分としての修飾語(修飾部)は、つねに用言を修飾する。連体修飾語は、つねに文の成分の一部であって、それだけで文の成分としての修飾語(修飾部)になることはない。

(例)これは 有名な絵です 。 →「有名な絵です」で、述部になる。

(4) 接続語(接続部)

あとの部分に対して、条件・原因・理由などを示す部分である。

(例)彼は、がんばったので 、成功した。 (接続語)

(例)彼は、風邪をひいたので 、学校を休んだ。 (接続部)

(5) 独立語(独立部)

ほかの部分から独立して、感動・呼びかけ・応答おうとう提示ていじなどを表す部分である。

(例)こんにちは 、いい天気ですね。 (独立語)

(例)向こうに見える美しい船 、あれが日本丸です。 (独立部)

▼ 文の成分の位置

(1) 述語(述部)は文の終わりにくる

主語(主部)は、述語(述部)よりも前にくる。主語と述語との間に他の成分が入ることが多い。

(2) 主語(主部)・修飾語(修飾部)・接続語(接続部)の位置関係は一定でない(入れ替えできる)

(3) 独立語(独立部)はふつう文のはじめにくる

(4) 述語(述部)が主語(主部)など他の成分の前にくることがある(倒置)

強調の効果を出すために文の成分の順序を入れかえることがある。これを倒置とうちという。

(5) 主語(主部)・述語(述部)などが省略されることがある。「ここはどこ」「海で泳いだ」

サイト内検索

スポンサードリンク