ホーム > 文の組み立て > 文節の種類


文節の種類

要点のまとめ

 文は、切れる文節と続く文節とからなる。

 切れる文節 …文の最後にきて、文がそこで切れる文節

 続く文節 …文の最初や途中にあって、後ろに他の文節が続く文節

 文節は、互いに係り受けの関係にある。

文節どうしが意味のうえで結びつくことを、前の文節から見て「かか」と言い、あとの文節から見て「受ける」と言う。

▼ 解説

1 切れる文節と続く文節

一つの文はふつう、いくつかの文節がつながって成り立っています。

次の例文を見てください。

【例】白い 花が 庭に 咲く

上の例文は、「白い」「花が」「庭に」「咲く」という四つの文節から成り立っています。

これらの文節のうち、下線を引いた「咲く」という文節は、文の終わりにきて、文がそこで切れています。

このような文節を切れる文節と呼びます。

また、「白い」「花が」「庭に」という文節は、文のはじめや途中にあって、うしろにほかの文節が続いています。

このような文節を続く文節と呼びます。

このように、一つの文は、いくつかの続く文節と一つの切れる文節とから成り立っています。

2 係る文節と受ける文節

文はいくつかの文節からできていますが、文節どうしの間には意味のつながりがあります。

次の例文を見てください。

【例】太郎がおいしい野菜を食べた。

上の例文は、「太郎が」「おいしい」「野菜を」「食べた」という四つの文節から成り立っています。

そして、それぞれの文節は、意味のうえでほかの文節と結びついています。

「太郎が」という文節は「食べた」という文節と結びつきますし、「野菜を」という文節も「食べた」と結びつきます。

また、「おいしい」という文節は「野菜を」と結びついています。

このように、文節どうしが意味のうえで結びついていることを、前の文節から見て「係る」と言い、あとの文節から見て「受ける」と言います。

そして、前の文節を「係る文節」と呼び、あとの文節を「受ける文節」と呼びます。

たとえば、「太郎が」と「食べた」の二つの文節の結びつきは、「太郎が」が「食べた」に係る、または、「食べた」が「太郎が」を受けると言いあらわします。

▼ 練習問題

 

【考え方】

【答】

▼ コメント

 このページの内容に関して、ご質問やご指摘などを書き込むことができます。また、掲示板のほうにも、本サイトへの皆様のご意見・ご要望をぜひお寄せください。

サイト内検索

スポンサードリンク