ホーム > 活用のない自立語 > 副詞(1)性質と働き

副詞(1) ― 性質と働き

(導入文)

▼ 副詞の性質

次の例文を見てください。

● 緑豆の が どんどん 伸びる。

● プロの 予想は、かなり 厳しい。

例文の「どんどん」「かなり」という文節は、それぞれ「伸びる」「厳しい」という用言の文節を修飾しているので、連用修飾語です。

「どんどん」「かなり」は、それぞれ単独で文節をつくることができる自立語です。

自立語で連用修飾語になることができる単語には、用言(動詞・形容詞・形容動詞)や体言(名詞)があります。

しかし、「どんどん」「かなり」は活用がない語ですから用言ではありません。

また、「どんどん」「かなり」というように主語になることができませんから、体言でもありません。

このように、用言・体言以外の自立語であって、連用修飾語になるような単語を副詞ふくしと呼びます。

副詞は、次のような性質をもつ単語です。

(1) 自立語で、活用がない

副詞は、自立語です。すなわち、単独で文節をつくることができる単語です。副詞は単独で用いられることが多いですが、付属語がつくこともあります。

副詞は、活用がない単語です。文中では、つねに同じ形で用いられます。

(2) 単独で修飾語になる

すでに述べたように、副詞は単独で修飾語になることができます

副詞は主に用言を修飾しますが、単独で体言副詞を修飾することもできます。

次の例文を見てください。

 洞窟の 中を もっと 進む

 洞窟の もっと 奥へ 進む。

 洞窟を もっと たくさん 探検する。

例文の①から③までの「もっと」という副詞は、いずれも単独で修飾語の文節をつくっています。しかし、それぞれの修飾する単語の品詞がちがいます。

①の「もっと」は「進む」という動詞(用言)を修飾しています。それに対して、②の「もっと」は「奥」という名詞(体言)を修飾し、③の「もっと」は「たくさん」という副詞を修飾しています。

このように、副詞は、単独で用言や体言、副詞を修飾することができるという性質をもっています。

★ まとめ ★

【副詞の性質】

 副詞は、主に用言を修飾する単語である。

 副詞は、次のような性質をもつ。

 自立語で、活用がない

 副詞は、単独で修飾語になる

▼ 副詞の働き

副詞は、文中でどのような働きをするのでしょうか。一つずつ見ていきましょう。

(1) 連用修飾語になる

次の例文を見てください。

● 駅の ホームで しばらく 電車を 待つ 。(動詞)

● 今年の 冬は かなり 寒く なりそうだ。(形容詞)

● 故郷の 両親は とても 元気だった。(形容動詞)

例文の赤字の語は副詞です。それぞれ単独で太字の用言(動詞・形容詞・形容動詞)を修飾しています。

このように、副詞には、単独で用言(の文節)を修飾するという働きがあります。これが副詞の主な働きです。

連用修飾語になる自立語は副詞だけとはかぎりません。次のように、副詞のほかに名詞や形容詞、形容動詞、動詞も連用修飾語をつくることができます。

● バラが たくさん 咲いた。(副詞)

● バラが きのう 咲いた。(名詞)

● バラが 美しく 咲いた。(形容詞)

● バラが きれいに 咲いた。(形容動詞)

● バラが 誇るように 咲いた。(動詞+助動詞)

(2) 連体修飾語になる

次の例文を見てください。

● それは かなり の 事件です。(単独で修飾)

● あの 駅で しばらく  電車を 待って いた。(副詞+「の」の形で修飾)

例文の赤字の語「かなり」「しばらく」は、いずれも副詞です。

「かなり」は単独で「昔」という体言(名詞)を修飾し、「しばらく」は助詞「」がつくかたちで「間」という体言を修飾しています。

このように、副詞には、体言を修飾する働きがあります。このとき、副詞は、単独であるか、または、助詞「の」がついたかたちになります。

(3) 副詞や連体詞を修飾する

次の例文を見てください。

 君は、もっと ゆっくり 話した ほうが よい。(副詞を修飾)

 あの 二人は、かなり 大きな 声で 話して いた。(連体詞を修飾)

例文①の「もっと」という副詞は、「ゆっくり」という副詞にかかっています。

また、例文②の「かなり」という副詞がかかっているのは、「大きな」という連体詞です。

このように、副詞は、用言や体言だけでなく、他の副詞や連体詞を修飾することもあります

(4) 述語になる

次の例文を見てください。

● 彼の 家まで もう すぐ

● あの 人は、昔から そうです

例文の赤字の「すぐ」「そう」は副詞です。それぞれ直後に「」「です」がついて、述語の文節をつくっています。

このように、副詞のなかには、「だ」「です」などがついて述語になるものもあります

なお、副詞は、名詞のように主語にはなりません。同じく活用がない自立語である名詞とは、この点で区別することができます。

★ まとめ ★

【副詞の働き】

副詞は、文中で次のような働きをする。

 単独で連用修飾語になる。

 連体修飾語になる(単独または「の」がつく)。

 他の副詞や連体詞を修飾する

 述語になる(「だ」「です」がつく)。

▼ 練習問題で理解度チェック

【問題1】

次の各文中の下線部の語について、その品詞を答えなさい。

(1) 庭のキンモクセイがこんなに育った。

(2) 注文した商品がきのう到着した。

(3) 到着した後すぐに連絡した。

(4) 野菜を買いに出かける。

【正解】

(1) 形容動詞

(2) 名詞

(3) 副詞

(4) 動詞

【解説】

副詞とそうでない品詞の単語とを見分ける問題です。

ここまで更新

【問題2】

次の各文中の下線部の文節について、その働きをあとのア~エから選んで答えなさい。

(1)

【正解】

【解説】

▼ コメント

 このページの内容に関して、ご質問やご指摘などを書き込むことができます。また、掲示板のほうにも、本サイトへの皆様のご意見・ご要望をぜひお寄せください。

サイト内検索

「単語と品詞」ページ一覧

名詞(1)性質と働き

名詞(2)種類

名詞(3)代名詞

副詞(1)性質と働き

副詞(2)種類

連体詞

接続詞

感動詞

サイト内検索

スポンサードリンク