ホーム > 活用のない自立語 > 名詞(2)種類

名詞(2) ― 種類

このページでは、名詞のさまざまな種類について見ていきます。名詞には、普通名詞、固有名詞、数詞および代名詞という種類があります。また、特殊な名詞として、形式名詞と転成名詞があります。

▼ 名詞の種類

名詞は、意味のうえから、次のように分類することができます。

(1) 普通名詞ふつうめいし

たとえば、「川」「本」「人間」「国家」というように、同じ種類の物事を広く意味する名詞を普通名詞と呼びます

一つひとつの物事を同じ種類の他と区別せずに、およそ一般的にそのものが何と呼ばれているかをあらわすのが普通名詞です。

これに対して、一つひとつの物事を他と区別するときに用いられる名詞が、次に説明する固有名詞です。

(2) 固有名詞こゆうめいし

ある物事を同じ種類の他のものと区別するときに用いられる名詞を固有名詞と呼びます

たとえば、「川」と呼ばれる地形にはたくさんのものがあって、それぞれ固有の名前をつけられています。「多摩川」「隅田川」「荒川」など。

この場合、「多摩川」「隅田川」「荒川」が固有名詞で、「川」がそれらに対応する普通名詞です。

このように、地名、人名、書名など、そのものだけにつけられた名前をあらわすのが固有名詞と呼ばれる名詞です。

(3) 数詞すうし

次の例を見てください。

 一個 二人 三倍 四冊 何枚 いくつ

 一番 二位 第三 四等 何番め

上に例として並べた語は、すべて名詞です。

①の語例は物の数量をあらわし、②の語例は物事の順序をあらわしています。

このように、名詞のなかには物の数量や物事の順序をあらわすものがあって、そのような名詞を数詞と呼びます

①のように、物の数量をあらわす数詞を基数詞きすうしと呼び、②のように、物事の順序をあらわす数詞を序数詞じょすうしと呼びます

なお、「何枚」「いくつ」「何番め」のように、不特定の数量または順序をあらわす名詞も数詞です。

数詞には、「一人」「二枚」「三匹」の「人」「枚」「匹」のように、数をあらわす語のあとに接尾語がついています。この接尾語を助数詞じょすうしと呼びます。

助数詞にはさまざまなものがあり、数える物の種類によって助数詞として用いることばがちがってきます。

たとえば、平たい物の数をあらわすときは「枚」、動物の数をあらわすときは「匹」、とくに鳥やウサギのときは「羽」、川柳や俳句のときは「句」ということばを助数詞として用います。

(4) 代名詞だいめいし

人や物事などを直接にさし示す名詞を代名詞と呼びます

代名詞の例として、次のような単語があります。

 ぼく わたし あなた かれ どなた

 これ それ そこ あちら どちら

①の単語例はをさし示す代名詞であって、このような代名詞を人称代名詞にんしょうだいめいしと呼びます。

②の単語例は物事や場所、方角をさし示す代名詞で、このような代名詞を指示代名詞しじだいめいしと呼びます。

代名詞については、とくにページを改めて取り上げます。

このサイトでは、代名詞を名詞の一種であるとかんがえており、名詞とちがう独立の品詞としてかんがえてはいません。このような考え方に対しては、代名詞を名詞とは別個独立の品詞としてあつかう考え方もあります。

★ まとめ ★

【名詞の種類】

名詞は、意味上、次のように分類することができる。

 普通名詞 …同類の物事を広く意味する名詞

 固有名詞 …ある物事を同類の他のものと区別するときの名詞

 数詞 …物の数量や物事の順序をあらわす名詞、基数詞序数詞がある。

 代名詞 …人や物事などを直接さし示す名詞

▼ 形式名詞

次の例文を見てください。

● 今年の 目標は、ダイエットする ことです。

● 一人前の 社会人は、あいさつが できる ものだ。

各例文の「こと」「もの」は普通名詞であって、それぞれの語を「ダイエットする」「あいさつができる」という文節(連文節)が修飾しています。

いずれも、「こと」「もの」という単語だけでは、どのような意味内容をあらわしているかはわかりません。「こと」「もの」をそれぞれ修飾する「ダイエットする」「あいさつができる」という文節(連文節)があってはじめて、内容をもったことばになっています。

つまり、「こと」「もの」という名詞は、文法上の形式をととのえるために置かれているにすぎず、その名詞本来の意味はありません。

このように、名詞としての実質的な意味をもたず、形式的・補助的な役割で用いられるような名詞を形式名詞けいしきめいしあるいは補助名詞ほじょめいしと呼びます

形式名詞の具体的な意味内容は、それにかかる修飾語によってあらわされます。

形式名詞には、「こと」「もの」のほかに、次のようなものがあります。

● 明るい うちに 帰る。

● 就職の ために 引っ越す。

● 帰って きた ところだ。

● 言われた とおりに する。

● すぐ 行く つもりだ。

● 見ない わけには いかない。

● 来ない はずが ない。

● 思いつく ままに 書きつらねる。

形式名詞は、実質的な意味が希薄きはくであるので、ふつうひらがなで表記されます。

これに対して、実質的な意味をもつ名詞(実質名詞)は、漢字で表記されます。次の例の「事」「物」は、実質的な意味をもつ名詞です。

● 君は、の 重要性を 理解して いない。

● が あふれて いる 時代に 生きて いる。

★ まとめ ★

【形式名詞】

 形式名詞(補助名詞)は、名詞としての実質的な意味をもたず、形式的・補助的な役割で用いられる普通名詞である。

▼ 転成名詞

名詞のなかには、もとは別の品詞の単語であったものがあります。

次の例を見てください。

 いままでの 考えを あらためる。

 国民の 多くは 賛成して いる。

①の例の「考え」は、動詞「考える」の連用形と同じ形をしています。しかし、これは動詞ではなく、動詞の連用形が名詞になったものです。

また、②の例の「多く」は、形容詞「多い」の連用形と同じ形をしています。しかし、これは形容詞ではなく、形容詞の連用形が名詞になったものです。

このように、もとは別の品詞であった単語が名詞に転じたものを転成名詞てんせいめいしと呼びます

転成名詞には、上の二つの例のように、動詞の連用形から名詞に転じたものと、形容詞の連用形から名詞に転じたものとがあります。

それぞれの例を少しだけあげておきます。

① 動詞の連用形 → 名詞

ひかり こおり いただき けむり かかり 晴れ 迷い 遊び 強め 決まり

② 形容詞の連用形 → 名詞

近く 遠く 多く 早く 古く

「光(ひかり)」「氷(こおり)」「頂(いただき)」「煙(けむり)」「係(かかり)」などの語は、それぞれもとの動詞の連用形では送りがながつきますが、名詞になると送りがなはつきません。

「寒さ」「あたたかみ」「楽しげ」などのように、形容詞や形容動詞の語幹に「さ」「み」「げ」などの接尾語がついて名詞になる語(派生語)もあります。

これらの語は、もとの品詞の形が変化していますから、本文で説明したような転成名詞ではありません。

もっとも、このような派生語をも含めて転成名詞と呼ぶこともあります。

★ まとめ ★

【転成名詞】

 転成名詞とは、他の品詞であった単語が名詞に転じたものを言う。

▼ 練習問題で理解度チェック

【問題1】

次の各名詞を、(1)普通名詞、(2)固有名詞、(3)数詞、(4)代名詞のいずれかに分類しなさい。

①思い ②作家 ③あっち ④宇佐神宮 ⑤1万円 ⑥古典 ⑦何番目 ⑧志賀直哉 ⑨神社 ⑩源氏物語 ⑪だれ ⑫近く

【正解】

(1) ①、②、⑥、⑨、⑫

(2) ④、⑧、⑩

(3) ⑤、⑦

(4) ③、⑪

【解説】

名詞は、意味によって4種類に分類することができます。

それぞれの名詞の種類の特徴にあてはまる語を選んでいきましょう。

(1) 普通名詞は、同じ種類のものを一般的な名前で呼ぶときの名詞です。

②、⑥、⑨が普通名詞であることについて、とくに問題はありません。

①と⑫は、それぞれ動詞あるいは形容詞の連用形が名詞になった転成名詞です。転成名詞は、普通名詞に分類されます。

(2) 固有名詞は、同じ種類の他と区別するためにそのものだけにつけられた名前で呼ぶときの名詞です。

④はある神社の名前、⑧はある作家の名前、⑩はある古典作品の名前です。

(3) 数詞は、物の数量や物事の順序をあらわす名詞です。

⑤はお金の数量をあらわす基数詞、⑦は不特定の順番をあらわす序数詞です。

(4) 代名詞は、人や物事を直接に指し示すときに用いる名詞です。

③は方角をあらわす指示代名詞、⑪は不特定の人をあらわす人称代名詞です。

【問題2】

次の物の数量をあらわすときに用いられる助数詞を答えなさい。

(1) 鏡  (2) いす  (3) はし  (4) 詩  (5) 家

【正解】

(1) めんまい

(2) きゃく

(3) ぜん

(4) へんへん

(5) けんとう、むね

【解説】

物を数えるときは、物の種類ごとに用いる助数詞が決まっています。

「面」は、「枚」とおなじように、平たい物を数えるときに用いる助数詞です。「鏡」のほか、「すずり」「こと」「お面」などを数えるときに用います。

「脚」は、動物のように全体を支えるあしがある物を数えるときに用います。「いす」のほか、「テーブル」「机」などにも使えます。

「膳」は、食器にもったごはんや箸を数えるときに用いる助数詞です。箸は、2本1組で1膳です。

「篇」は、詩歌・小説・論文などの文章を数えるときに用いられる助数詞です。「篇」は常用漢字ではないため、代わりに「編」を用いることも多くあります。

「軒」は、建物としての家を数えるときに用いる助数詞です。「戸」は世帯としての家、「棟」はマンションなど集合住宅の建物を数えるときに用います。

▼ コメント

 このページの内容に関して、ご質問やご指摘などを書き込むことができます。また、掲示板のほうにも、本サイトへの皆様のご意見・ご要望をぜひお寄せください。

サイト内検索

サイト内検索

スポンサードリンク