ホーム > 活用のない自立語 > 名詞(3)代名詞

名詞(3) ― 代名詞

このページでは、名詞のなかでもとくに代名詞と呼ばれる単語を取り上げます。代名詞には、人称代名詞と指示代名詞の2種類があります。それぞれの代名詞についてくわしく見ていきましょう。

▼ 代名詞とは

代名詞だいめいしは、人や物事の名に代わってそのものを直接にさし示す単語です。代名詞は、名詞の一種です。

このサイトでは代名詞を名詞の一種としてあつかっていますが、代名詞を名詞とは別個独立の品詞とする考え方もあります。

代名詞は、をさし示す人称代名詞にんしょうだいめいしと、物事・場所・方角をさし示す指示代名詞しじだいめいしとの2種類に大きく分けることができます

それぞれの種類について節をわけてくわしく見ていきます。

単語のなかには、前に示したものと同じものを再び﹅﹅さし示す働きをもつものもあります。次の例文を見てください。

● あなたは、自分の ことばで 表現するべきです。

● 私は、自己の 責任に おいて 競技に 参加します。

それぞれの例文における「自分」「自己」という単語は、それらの前にある「あなた」「私」と同じ人物をさしています。

このように、前に示したものと同じものを再びさし示す働きをもつ単語を反照代名詞はんしょうだいめいしあるいは再帰代名詞さいきだいめいしと呼びます。

★ まとめ ★

【代名詞とは】

 代名詞とは、人や物事の名に代わってそのものを直接にさし示す単語を言う。

 代名詞には、人称代名詞指示代名詞の2種類がある。

▼ 人称代名詞

代名詞のうち、直接に人をさし示す働きをするものを人称代名詞と呼びます人代名詞じんだいめいしと呼ぶこともあります。

人称代名詞は、誰をさし示すかによって、次の四つに区別することができます。

(1) 自称じしょう第一人称だいいちにんしょう

「わたし」「ぼく」など、話し手(書き手)が自己を指すときに用いる語を自称と呼びます第一人称あるいは一人称と呼ぶこともあります。

(2) 対称たいしょう第二人称だいににんしょう

「あなた」「きみ」など、話し手(書き手)が相手(聞き手、読み手)を指すときに用いる語を対称と呼びます第二人称あるいは二人称と呼ぶこともあります。

(3) 他称たしょう第三人称だいさんにんしょう

「このかた」「かれ」など、話し手や聞き手以外の人物(第三者)を指すときに用いる語を他称と呼びます第三人称あるいは三人称と呼ぶこともあります。

他称のなかで、さらに次の三つに区別することができます。

① 近称きんしょう

話し手に近い人を指す語を近称と呼びます。「このかた」「こいつ」など。

② 中称ちゅうしょう

聞き手に近い人を指す語を中称と呼びます。「そのかた」「そいつ」など。

③ 遠称えんしょう

話し手・聞き手のどちらからも遠い人を指す語を遠称と呼びます。「あのかた」「あいつ」など。

(4) 不定称ふていしょう

「どなた」「だれ」など、指し示す者が誰だかわからないか、あるいは、とくに誰と限定しないときに用いる語を不定称と呼びます

疑問文で用いられることの多い代名詞です。

人称代名詞の種類とその語例を表のかたちにしてまとめておきましょう。

【表】人称代名詞の種類

自称

(第一人称)

対称

(第二人称)

他称(第三人称) 不定称
近称 中称 遠称

わたくし

わたし

ぼく

おれ

あなた

きみ

おまえ

このかた

こいつ

そのかた

そいつ

あのかた

あいつ

かれ

かのじょ

どのかた

どなた

だれ

どいつ

人称代名詞にはいろいろな語がありますが、使用する状況に応じてそれらを使い分ける必要があります。

たとえば、改まった場所で自分自身を指すときは、「わたくし」や「わたし」を用いるべきであり、「おれ」を用いるのは適切ではありません。

また、人称代名詞のなかには軽卑の意味を含んでいる語もあるので、注意しなければいけません(「貴様」「てめえ」など)。

★ まとめ ★

【人称代名詞】

 人称代名詞は、直接に人をさし示す語である。

 人称代名詞は、次のように区別することができる。

 自称(第一人称) …自己(話し手、書き手)を指す。

 対称(第二人称) …相手(聞き手、読み手)を指す。

 他称(第三人称) …話し手・聞き手以外の第三者を指す。

 不定称 …不特定の人を指す。

▼ 指示代名詞

代名詞のうち、物事・場所・方角をさし示す働きをするものを指示代名詞と呼びます

指示代名詞は、指示語しじご(こそあどことば)の一種です。

指示代名詞には、次のような区別があります。

(1) 近称きんしょう

「これ」「ここ」など、話し手(書き手)に近い物事などを指す語を近称と呼びます

● あなたに これを さし上げます。

● あなたが 戻るまで ここで 待って います。

(2) 中称ちゅうしょう

「それ」「そこ」など、聞き手(読み手)に近い物事などを指す語を中称と呼びます

● わたしに あなたの それを ください。

● わたしが 戻るまで そこで お待ち ください。

(3) 遠称えんしょう

「あれ」「あそこ」など、話し手や聞き手のどちらからも遠い物事などを指す語を遠称と呼びます

● あそこに 行って、あれを 取って 来い。

近称・中称・遠称
【図】近称・中称・遠称

(4) 不定称ふていしょう

「どれ」「どこ」など、遠近がわからない物事などを指すとき、あるいは、とくに限定しない物事などを指すときに用いる語を不定称と呼びます

● この お店は 広くて、どこに どれが あるのか わからない。

指示代名詞の種類を表のかたちにしてまとめておきましょう。

【表】指示代名詞の種類

  近称 中称 遠称 不定称
物事 これ それ あれ どれ
場所 ここ そこ あそこ どこ
方角

こちら

こっち

そちら

そっち

あちら

あっち

どちら

どっち

★ まとめ ★

【指示代名詞】

 指示代名詞は、物事・場所・方角をさし示す語である。

 指示代名詞は、次のように区別することができる。

 近称 …話し手に近い物事などを指す。

 中称 …聞き手に近い物事などを指す。

 遠称 …どちらからも遠い物事などを指す。

 不定称 …不特定の物事などを指す。

▼ 練習問題で理解度チェック

【問題1】

次の文中の丸かっこに入る適当な語を答えなさい。

「代名詞には、大きく分けて(①)と(②)の2種類がある。(①)は、(③)を指して言う語であって、自称・(④)・他称・(⑤)に区別することができる。(②)は、(⑥)・場所・(⑦)を指して言う語であって、近称・中称・(⑧)・(⑤)に区別することができる。(⑦)をさし示す(②)の例として、「こちら」「どちら」などがある。」

【正解】

① 人称代名詞(人代名詞)

② 指示代名詞

③ 人

④ 中称(第二人称、二人称)

⑤ 不定称

⑥ 物事

⑦ 方角(方向)

⑧ 遠称

【解説】

本文で学んだ内容のおさらいです。

本文の表やまとめを見ながら確認してください。

【問題2】

次の表の各番号の欄にあてはまる語をそれぞれ答えなさい。

近称 遠称 不定称
これ あれ どれ
そこ

こちら

こっち

そっち

あちら

どっち

【正解】

① 中称

② それ

③ ここ

④ あそこ

⑤ どこ

⑥ そちら

⑦ あっち

⑧ どちら

【解説】

指示代名詞の表を完成させる問題です。本文にある表(「指示代名詞の種類」)を参考にしながら、空白部分を埋めていきましょう。

指示代名詞には、近称・中称・遠称・不定称の区別があります。それぞれ「こ」「そ」「あ」「ど」ではじまる語であることを知っていれば、各々の空欄にどのような語が入るのかが簡単にわかると思います。

指示代名詞は数が少ないので、表にある語を覚えるようにしましょう。

▼ コメント

 このページの内容に関して、ご質問やご指摘などを書き込むことができます。また、掲示板のほうにも、本サイトへの皆様のご意見・ご要望をぜひお寄せください。

サイト内検索

サイト内検索

スポンサードリンク