代名詞

▼ 代名詞とは

● 代名詞だいめいしは、人や物事の名に代わって、直接にそのものを指し示す単語である。ここでは名詞の一種として扱うが、代名詞を名詞とは別個の品詞として扱う考え方もある。

● 代名詞には、を指し示す人称にんしょう代名詞と、物事・場所・方角を指し示す指示しじ代名詞との2種類がある。

前に示されたものと同じものを再び指し示す用法を持つ代名詞を反照はんしょう代名詞と呼ぶ。「自分」「自身」「自己」など。再帰さいき代名詞ともいう。

(例)あなたは、自分 のことばで表現しなさい。

▼ 人称代名詞

● 人の名前を言わずに、直接にその人を指し示す代名詞人称代名詞またはじん代名詞という。人称代名詞には、自称・対称・他称・不定称の区別がある。

(1) 自称じしょう(第一人称)

話し手(書き手)が自己を指し示すときに用いる。「わたし」「ぼく」など。

(2) 対称たいしょう(第二人称)

相手(聞き手、読み手)を指すときに用いる。「あなた」「きみ」など。

(3) 他称たしょう(第三人称)

話し手や聞き手以外の人物(第三者)を指すときに用いる。「このかた」「かれ」など。他称のなかで、さらに近称・中称・遠称の区別がある。

 近称きんしょう  話し手に近い人を指す。「このかた」「こいつ」など。

 中称ちゅうしょう  聞き手に近い人を指す。「そのかた」「そいつ」など。

 遠称えんしょう  話し手・聞き手のどちらからも遠い人を指す。「かれ」など。

(4) 不定称ふていしょう

話し手にわからない人を指すときや、指し示す者をとくに限定しないときに用いる。「どなた」「だれ」など。

自称

(第一人称)

対称

(第二人称)

他称(第三人称) 不定称
近称 中称 遠称

わたくし

わたし

ぼく

おれ

あなた

きみ

おまえ

このかた

こいつ

そのかた

そいつ

あのかた

あいつ

かれ

かのじょ

どのかた

どなた

だれ

どいつ

人称代名詞は、使用する状況に応じて使い分ける必要がある。また、軽卑の意味を含んでいるものもあるので、注意しなければならない(「貴様」「てめえ」など)。

▼ 指示代名詞

● 物事・場所・方角を指し示す代名詞指示代名詞という。指示語しじごの一種である。

● 指示代名詞には、次のような区別がある。

(1) 他称

 近称  話し手に近いものを指す。「これ」「ここ」など。

 中称  聞き手に近いものを指す。「それ」「そこ」など。

 遠称  どちらからも遠いものを指す。「あれ」「あそこ」など。

(2) 不定称

話し手にわからないものを指すとき、あるいは、とくに限定しないときに用いる。「どれ」「どこ」など。

  他称 不定称
近称 中称 遠称
物事 これ それ あれ どれ
場所 ここ そこ あそこ どこ
方角

こちら

こっち

そちら

そっち

あちら

あっち

どちら

どっち

サイト内検索

スポンサードリンク