ホーム > 用言 > 形容詞(2)活用

形容詞(2) ― 活用

形容詞に分類される単語は、すべて活用のしかたが同じです。各活用形の活用語尾を「かろ・かっ・く・い・い・けれ」と、リズムよく覚えましょう。なお、形容詞にも音便があります。

後半では、形容詞のそれぞれの活用形が文中でどのように用いられるかについて学びます。動詞とは異なる部分が多いので、動詞とのちがいを意識しながら勉強していきましょう。

▼ 形容詞の活用と活用形

形容詞は活用がある単語ですが、どのように活用するのでしょうか。「おいしい」を例にして形容詞の活用のしかたを見てみましょう。

おいし かろ う  (未然形)

おいし かっ た  (連用形)

おいし  なる  (連用形)

おいし  。   (終止形)

おいし  とき  (連体形)

おいし けれ ば  (仮定形)

太字の部分「おいし」が語幹であり、赤字の部分が活用語尾です。

「おいしい」にかぎらず、形容詞に分類される単語はすべて、その活用語尾が「かろ・かっ・く・い・い・けれ」になります。つまり、形容詞の活用のしかたは1種類だけです

なお、形容詞の活用形は、未然形連用形終止形連体形仮定形の五つであり、命令形はありません

形容詞の活用表は、次のようになります。

基本形 語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
よ い

かろ

かっ

けれ

恋しい 恋し
用法

ナイ・ナル

言い切る

トキ

連用形が二つあることと、命令形がないことに注意しましょう。

上の表では、形容詞の語例が二つあります。現代では、これらは同じ活用をする語としてあつかわれています。しかし、「よい」「恋しい」の古いことばである「よし」「恋し」では、それぞれ活用のしかたがちがっていました。

**

五段活用の動詞の連用形に音便(発音の変化)があることを学びましたが、形容詞の連用形にも音便があります。例を見てみましょう。

● お暑  ございます (← お暑 

● おめで とう ございます (← おめで たく

● うれ しゅう 存じます (← うれ しく

赤字が変化した後の発音で、かっこ内の青字が変化する前の発音です。

形容詞の連用形「―く」が「ございます」「存じます」に連なることによって、連用形「―く」の活用語尾が「う」に変化しています。このような音便をウ音便と言います。

「おめでとう」や「うれしゅう」のように、連用形の活用語尾だけでなく語幹の一部も発音が変化することもあります。

もっとも、形容詞に「ございます」などがつくときはかならずしも音便の形になるわけではないことに注意してください。「うれしく存じます」でも、まちがいではありません。

★ まとめ ★

【形容詞の活用と活用形】

○ 形容詞の活用のしかたは、「かろ・かっ・く・い・い・けれ」の1種類だけである。

○ 形容詞の活用形は、未然形・連用形・終止形・連体形・仮定形の五つであり、命令形がない

○ 連用形が音便の形(ウ音便)になることがある。

▼ 形容詞の活用形の用法

形容詞には、未然形・連用形・終止形・連体形・仮定形の五つの活用形があると説明しました。形容詞の活用形の用法はさまざまですが、ここではそれぞれの活用形の用法のうち代表的なものだけを取りあげます。なお、形容詞には、語幹だけの用法もあります。

(1) 未然形

次の例文の赤字の語は、形容詞の未然形です。

● 青森の冬は 寒かろ  。 (「寒い」の未然形)

このように、形容詞の未然形は、助動詞の「」につらなるときに用いられます。動詞とちがって、「う」に連なる用法しかありません。

(2) 連用形

形容詞の連用形には「―かっ」と「―く」の二つの形があり、それぞれ用法がちがいます。

次の各例文の赤字の語は、すべて形容詞の連用形「―かっ」です。

● 今年の夏は 暑かっ  。 (「暑い」の連用形)

● 暑かっ たり 、 寒かっ たり の陽気になる。 (「暑い」「寒い」の連用形)

このように、―かっ」の形は、助動詞「」や助詞「たり」に連なります

次の各例文の赤字の語は、すべて形容詞の連用形「―く」です。

【A】 今年の冬は 寒く なるない) 。 (「寒い」の連用形)

【B】 安く  おいしい。 安く  ない。 (「安い」の連用形)

【C】 このサイトは おもしろく 、とても勉強になる。 (「おもしろい」の連用形)

まず、―く」の形は、動詞の「なる」や形容詞の「ない」などの用言に連なります(例文A)。「 すごく 快適だ 」のように、形容動詞にも連なることができます。

次に、「―く」の形は、助詞の「」や「」などにも連なります(例文B)。

最後に、形容詞の連用形にも中止法の用法があり、「―かっ」の形ではなく「―く」の形が用いられます(例文C)。中止法とは、連用形によって文をいったん中止した後に、また続けるような表現のしかたです。

動詞と形容詞とで、それぞれ「ない」がつく活用形が異なることに注意しましょう。動詞の場合は未然形に「ない」がつきますが、形容詞の場合は連用形に「ない」がつきます。ちなみに、動詞の未然形につく「ない」は助動詞で、形容詞の連用形につく「ない」は形容詞(補助形容詞)です。

(3) 終止形

次の例文の赤字の語は、形容詞の終止形です。

● 今年の冬は 寒い 。 (「寒い」の終止形)

例文のように、形容詞の終止形はその語で文が終わる(言い切る)ときに用いられます

形容詞の終止形は、形容詞の基本形であり、国語辞典の単語の見出しとして用いられる形です。

終止形の用法は、文を言い切ることだけにかぎられません。形容詞の終止形には、助動詞や助詞に連なる用法もあります。次の例で確認してください。

● 明日は 寒い そうだ( らしい )。 (「寒い」の終止形)

● この店は 安い  評判だ。 (「安い」の終止形)

(4) 連体形

次の例文の赤字の語は、形容詞の連体形です。

● 寒い  がきた。 (「寒い」の連体形)

このように、形容詞の連体形は、名詞(体言)に連なるときに用いられます。

形容詞の連体形には、体言に連なる用法のほかに、助動詞「ようだ」や助詞「の」などに連なる用法もあります。次の例で確認してください。

● 彼は つらい ようだ 。 (「つらい」の連体形)

● 痛い  を我慢する。 (「痛い」の連体形)

(5) 仮定形

次の例文の赤字の語は、形容詞の仮定形です。

● 治療は、早けれ  早いほどよい。 (「早い」の仮定形)

例文のように、形容詞の仮定形は、助詞「」に連なります

(6) 語幹の用法

形容詞には、語幹だけの用法もあります

次の例文を見てください。

【A】 おお、 。 (「寒い」の語幹)

【B】 本当に  そうだ 。 (「痛い」の語幹)

例文Aは、「寒い」の語幹「寒」で文が終わっています。このように、形容詞の語幹には、単独で述語になる用法があります。

また、例文Bでは、「痛い」の語幹「痛」が助動詞「そうだ」に直接つらなっています。この場合の「そうだ」は、様態の意味をあらわす助動詞で、形容詞の語幹に接続します。

★ まとめ ★

【形容詞の活用形の主な用法】

○ 未然形は、助動詞「」に連なる。

○ 連用形「―かっ」は、助動詞「」や助詞「たり」に連なる。

○ 連用形「―く」は、

① 用言(「なる」「ない」など)に連なる。

② 助詞「」「」に連なる。

③ 中止法に用いる。

○ 終止形は、その語で文が終わる(言い切る)ときに用いる。

○ 連体形は、体言に連なる。

○ 仮定形は、助詞「」に連なる。

○ 語幹だけの用法もある。

▼ 練習問題で理解度チェック

【問題1】

次の各文中のかっこ内の形容詞を、それぞれの文に適した形にしてその活用形を答えなさい。

(1) 事故現場は、(重い)空気に包まれていた。

(2) そんなに(ほしい)たのなら、そう言えばよいのに。

(3) 空模様が(あやしい)なり、まもなく雨が降りはじめた。

(4) 真冬の水仕事は(冷たい)う。

【正解】

(1) 重い―連体形  (2) ほしかっ―連用形  (3) あやしく―連用形  (4) 冷たかろ―未然形

【解説】

ある単語が文中でどの活用形になるかは、そのあとに続く語によって決まります。したがって、形容詞の活用形を判断するためには、その用法、すなわち、どのような語がどの活用形につくのかということをあらかじめ知っておくことが大切です。

本文ではそれぞれの活用形の代表的な用法について説明しましたが、もっと広く用法を知るには助動詞や助詞を学ぶ必要があります。

(1) 「空気」は名詞(体言)なので、「重い」は連体形になります。形容詞は終止形と連体形が同形です。

(2) 設問文中の「た」は、活用語の連用形につく助動詞です。「ほしい」の連用形は「ほしかっ」と「ほしく」の二つの形がありますが、助動詞「た」につく用法があるのは「ほしかっ」のほうです。

(3) 設問文中の「なり」は、動詞「なる」の連用形(中止法)です。動詞などの用言に連なる用法があるのは、連用形の「―く」です。したがって、文中のかっこ内には、「あやしい」の連用形「あやしく」が入ります。

(4) 設問文末の「う」は、活用語の未然形につく助動詞です。「冷たい」は、未然形「冷たかろ」になります。なお、形容詞の未然形には「う」に連なる用法しかありません。

【問題2】

次の各形容詞に「ございます」をつけてウ音便になるときの連用形をそれぞれ答えなさい。

多い  あぶない  よろしい

【正解】

多う  あぶのう  よろしゅう

【解説】

形容詞は、「ございます」や「存じます」に連なるときに連用形が音便の形になります。基本的に「―う」の形になりますが、単語によっては語幹まで発音が変化するものもあります。もっとも、かならずしも音便の形にしなければならないわけではありません。

「おおい(多い)」に「ございます」をつけてウ音便にすると、「おおございます」となります。「おおい」の語幹は「おお」ですから、連用形の活用語尾が「う」に変わっただけです。

「あぶない」に「ございます」をつけてウ音便にすると、「あぶのう﹅﹅ございます」になります。「あぶない」の語幹は「あぶな」ですから、連用形の活用語尾だけでなく、語幹の一部まで発音が変化していることがわかります。このように、形容詞の語幹の末尾がア段の音のときは、ウ音便によってその末尾がオ段の音に変化します。

「よろしい」に「ございます」をつけてウ音便にすると、「よろしゅう﹅﹅ございます」になります。「よろしい」の語幹は「よろし」ですから、この場合も語幹の一部まで変化しています。このように、形容詞の語幹の末尾がイ段の音のときは、ウ音便によってその末尾が拗音ようおんになります

▼ コメント

 このページの内容に関して、ご質問やご指摘などを書き込むことができます。また、掲示板のほうにも、本サイトへの皆様のご意見・ご要望をぜひお寄せください。

サイト内検索

サイト内検索

スポンサードリンク